【エグゼ6】 ハイブリッドスラッシュ【マスターズ】

2100スラッシュにB+←を持たせたいと考えたところからスタート。
結果として、2100スラッシュとグッドスタッフの良くも悪くも中間のような構築が完成しました。
ハイブリッドスラッシュと銘打ってますが、グッドスタッフにスラッシュという選択肢を増やした感覚が一番しっくりきます。

【フォルダ】
B
スチールパニシュ
ブラストマンSP

G
ノイズストーム 2
アンインストール
グランドマンSP

Q
カーネルフォース

U
ドリームオーラ

W
バリア200
ダブルビースト

X
グレイガ

Z
スチールリベンジ
サンクチュアリ


マシンガン1
フウジンラケット
エリアスチール 5
インビジブル 3
カワリミ 3
アタック+30
キラーマン
グランドマン
エレメントマン

【ナビカス】

スーパーアーマー
カスタム1
アンダーシャツ
ラッシュサポート
ビートサポート
カワリミマジック
バグストッパー
アタック+1
HP+300
HP+400

【改造カード】
スナーム 11
ナンバーズ 17
ジェリー 13
ウォーラ 12
サテラ 8
カカジー 14
ナイトメア 5
80/80

【総ステータス】

HP:1900
アタック:5
ラピッド:5
チャージ:5
カスタム:8
メガ6
ギガ2
スーパーアーマー
エアシューズ
アンダーシャツ
B溜めドールサンダー
B+←でカワリミ
チップリカバリー(30)
ヘビーゲージ
ラッシュサポート
ビートサポート
バスター空打ち
カスタムダメージ(20)
ココロバグ
カスタムHPバグ
ステータスバグ(5秒)
バグストッパー

【解説】

  • フォルダ
    スラッシュでは入りにくいサンクチュアリが入っています。当初は投入されてませんでしたが、有ると無いとではHP管理のしやすさが全く違うと感じました。カスタム8にしているため、フルカスがなくても、事故ったことはあまりなかったと感じてます。欲を言えば、ブルースSPやジャッジ*、フルカスあたりが入れたかったです。
  • カスタマイズ
    B+←が必ずしもマジックである必要はないとは思いますが、自分はマジックが好きなのでマジックにしました。アタックを5にしている都合上、スラッシュや獣化での立ち回りが、グッドスタッフに比べるとやりやすいですが、スラッシュと違って、タンゴサポートがないためスラッシュとの斬りあいになった場合は基本競り負けます。
  • 立ち回りなど
    基本的にはCSドールサンダーで削りつつチップでダメージを取ります。状況次第では、スラッシュで攻めたり、獣化したり。ビートがあるので、やろうと思えば初手スラッシュでゴリラのごとく殴ったり。ココロバグ・マジック、クロス・獣化のそれぞれを天秤にかけ、最良の選択を選びましょう。

【エグゼ6】 スラッシュのカードとナビカス簡易まとめ 【マスターズ】

今までに作った、(私が知ってる範囲で)他人が使用していた中で実用性があるであろうマスタスラッシュ構成のまとめ。
要望はバグストの位置以外なら受け付ける予定です。

【ステガありのスタンダートなやつ】

・改造カード

プラネットマン 40
ナンバーズ 17
カカジー 14
サテラ 8

79/80

・ナビカス

[バグストあり2000]

2000

[バグストなし2500]

2500

一時期ほど凍結バスターも流行ってないので今この構成を見ることは中々に少ない。カカジーをトトポールにしている場合もある。

【Fヘビゲつきステガ有り】

・改造カード

プラネットマン 40
ジェリー 13
カカジー 14
サテラ 8
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス

Fヘビゲステガ

ナンバーズを切り、ゲージを最初から有利な方向へ持っていく構成。
メガギガの不足による火力の確保が難しいためこちらも最近あまり使われない。


【Fヘビゲと3種のサポート】

・改造カード

ナンバーズ 17
スナーム 11
ジェリー 13
ウォーラ 12
サテラ 8
カカジー 14
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス
Fヘビゲフルサポ

一例として、カスタム7、ラッシュビートタンゴの3種が入った構成。
カスタム8にするならHP-100、ビートを抜いたり。(この場合は初手のスラッシュは厳禁)

Fヘビゲカス8

【Fヘビゲとバスタークサムラ】

・改造カード

ナンバーズ 17
ジェリー 13
サテラ 8
ニドキャスター 10
ウドノート 13
カカジー 14
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス

[バグストなしカス7HP2630]

Fヘビゲラッシュ

[バグストなしカス8HP2330]

Fヘビゲラッシュカス8

[バグストありカス7ビートHP2130]

Fヘビゲクサムラビート2130

ココロバグとバスタークサムラの両立をするならこんな感じ。バグストありで考えるとHPが大幅に減る代わりにビートが入る。
モリキューではなくウドノートである理由はモリキューだと改造カードの容量が微妙に余る点、その余った容量に入れるものもない点、ダメージバグ修正によってバグストなしでもHPバグが致命的にならない点などがあげられる。カスタムを増やすと当然ながらHPが減る。

【サーチシャッフル入り】

・改造カード

ナンバーズ 17
トトポール 13
ナイトメア 5
サテラ 8
サーチマン 37

80/80

・ナビカス

サーチシャッフル

通称サーチスラッシュ。早期にアンイン他キーとなるチップを引き当て速攻で相手を倒しに行く構成。
サーチシャッフルの仕様上、1ターン目にギガを打つことも可能。
この例ではカス8でビートラッシュ入れているためHPがかなり低い。シュウセイ入りにしてHP盛るのもあり。

【チップ破壊スラッシュ】

・改造カード

スワローマン 36
ナンバーズ 17
トトポール 13
ウォーラ 12

78/80

・ナビカス

チップ破壊

横国オフの時にオフィシャルの方が使ってた構成。オリジナルはラッシュがなく、HPが50多かったはず。
早期にアンインを引きに行くのが狙いなのか、カス8になってる。
改造カードのスワローマンは、バグストを入れることなくビートが入り、ダメージバグHPバグをダメージ混乱で上書きできるのもあって効率的である。

マスターズにおいては、特にステガ無しの場合、ナビカスとカードの組み替えで色々な組み合わせが出来る。
実用性をそこそこに、いろいろ考える楽しみがあるのがマスターズにおけるスラッシュの奥深さだと思ってます。
(スラッシュに限った話ではないけれど、スラッシュの場合特にそれがあると思ってる)

【エグゼ6】 ラケット逃げ 【マスターズ】

逃げの中でも難易度は低い方なので逃げの入門に一番オススメではないかな、と思ってたり。
CSがラケットということはフォルダに風系統のチップを入れなくてもよくなり、他のチップを入れることができ自由度が高い。
空いた枠に入れるチップで個人の好みが結構出てくる気がする。

【フォルダ】

B
スチールパニシュ 2
ブルースSP
ブラストマンSP

G
グランドマンSP

U
ドリームオーラ

W
サモンブラック3
マグナム 3
バリア200
ダブルビースト

X
グレイガ

Z
バブルラップ
サンクチュアリ
デルタレイエッジ


インビジブル 3
カワリミ 3
クイックゲージ 2
フルカスタム
ホーリーパネル 2 REG
キラーマン
ジャッジマン
エレメントマン

【ナビカス】

CSラケット

カスタム1
カワリミマジック
アンダーシャツ
バグストッパー
ラッシュサポート
HP+300 2
HP+400
チャージ+1 2

【改造カード】

ナンバーズ 17
テングマン 34
ニドキャスター 10
トトポール 13
ナイトメア 5

【総ステータス】

アタック2
ラピッド2
チャージ4
カスタム7
メガ2
ギガ2
スーパーアーマー
エアシューズ
アンダーシャツ
B溜めFラケット
B+←でカワリミ
チップリカバリー
ラッシュサポート
ビートサポート
ココロバグ
カスタムHPバグ
ステータスバグ
バグストッパー

【解説など】

エリアを奪わないタイプのラケット。動画でも少し紹介はしました。
この手のフォルダは相手のカワリミ解除が面倒なのでチップで対応せざるを得なくなる。(バスター暴発を入れるなら別)
そのために使われるチップの筆頭としてはマグナムが上がる。カワリミはできる限りこのチップで解除したい。
サモンブラック3は枠が余ったため採用してる。マグナムからの連携で打つ。
バリア100とかも欲しいのだが、コードがばらつくため採用を見送り。代わりにラップとホリパネを利用。
ハクシャクと合わせてバリア100を入れてもいいでしょう。

改造カードのテングマンはエア、ビートとかなりコスパがいい。パネスチやパニシュと違いナビカスで空きができる。
入れたいものがなかったためHPを盛ったが、カスタムを1つ増やしたり、フロートを入れたり、アタックをあげてスチールを投入しスラッシュと複合系にするのもあり。(ちょっと違う気がしないでもないが)

立ち回りとしては、ひたすらマジック連打。適宜2倍でダメージを取る。こんだけといってもいいぐらい。
CSは最前列で居座ってきたとき、押し返すとき、バリアオーラはがしでしか使用しない。基本は溜めない。

【エグゼ6】スラッシュ VS逃げの時に 【マスターズ】

昨今の逃げブームに対してどうすればスラッシュで勝てるのかを少し考えてみる。

主に下記の何れかで勝ちを狙うしかないと考えられる。

・アンイン→ヘビゲ下でスラッシュで切り刻む
シニアダストバッチなんかが似た例。当然スラッシュの解除やエリアの維持、ドリームオーラを張られる等をされると意味がないのでドリームオーラ等のチップやスチール、ラケットをこちらが選ぶ必要がある。
アンインを当てておけばマジックを気にしなくてよくなり、アーマーが剥がれるためチャージが長い溜めうちは逆転が途端に難しくなる。サイトバッチでリカバーされてもシールド程度ならどうにでもなることが多い。
ヘビゲの切り返しのタイミングが重要。ゲージ勝ちしてデリートに追い込みたい。

・2倍メガギガやCS強化バグで削る
強化カネフォも当てる必要があると考えられる。こちらもゲージ勝ちしてると狙いやすいかも。

・速攻で削りきる
Fヘビゲ下でエリア勝ちして斬り刻む。パニシュ読みのオーラバリアカワリミ+再度エリスチによるエリアの維持がとにかく重要。

結論:どうにかダメージ稼いで致命打防いでデリートするか判定勝ちしろ

【エグゼ6】 10バスターココロバグ 【マスターズ】

ココロバグにおいて、Bボタンでカワリミを解除できる手段の有無は大きい。BクラックシュートやCSドルサンなどのCS変更系等が該当する。
(エリアを奪わないCSラケットやBクラなしCSパネスチなどはチップで対応せざるを得ない)
Bクラックシュート(高容量)やCSドルサン(無敵発生)代替案を考えたところ、アタック10のバスターという案が浮かんだ。
試しに組んでみたら意外と面白かった。カスタマイズの幅が広く改良のし甲斐がある。とりあえず叩き台として作成。

【フォルダ】

B
スチールパニシュ 2
ブルースSP
ブラストマンSP

G
ノイズストーム 2
グランドマンSP

Q
カーネルフォース

U
ドリームオーラ

W
バリア200
ダブルビースト

X
グレイガ

Z
サンクチュアリ


フウジンラケット
エリアスチール 4
フルカスタム
バスターアップ REG
インビジブル 3
カワリミ 3
アタック+30
キラーマン
ジャッジマン
エレメントマン

【ナビカス】

CS吸い寄せ

シールド
カスタム1
アンダーシャツ
バグストッパー
ラッシュサポート
アタックMAX
チャージMAX
HP+50
HP+400 2

【改造カード】

スナーム 11
ナンバーズ 17
サテラ 8
トトポール 13
マグテクト 15
ニドキャスター 10
ナイトメア 5

79/80

【総ステータス】
HP:1777
アタック9
ラピッド5
チャージ5
カスタム7
メガ7
ギガ2

エレキボディ
スーパーアーマー
フロートシューズ
エアシューズ
アンダーシャツ
CS左吸い寄せ
B+←でシールド
チップリカバリー(40)
ラッシュサポート
カスタムダメージ(20)
ココロバグ
カスタムHPバグ(Lv.1)
ステータスバグ(5秒)
バグストッパー

【解説】

1発10、CSで100のバスターとココロバグで戦う。
Bクラックのデメリットであると(と思っている)弾数制限と弾速を、CSドルサン等のデメリットである無敵の発生を克服している。
CS吸い寄せにしているのは単にステガであるか否かを問わずに行動キャンセルができるため。バグデスなどのため時間が長い戦法には有利に戦える。
改造カードマグテクトは同じ15MBであるヒトデスタと交換可能。カードの順番を少し変える必要があるが。こちらでは非ステガ相手に人権を持たせない確定バブルを使える。
デメリットはサポート系が少ない点、HPが低い点など。打ち合いになると結構不利になりがち。
CSが当てられないとこの構築は成り立たないとまではいかないがそれなりに当てる技術が必要なのもデメリット?

【改善点】
改造カードマグテクトの変更:
ヒトデスタやマグニッカーなど。

フォルダの構成:
非暗転重視のG軸にしたり、エリスチ抜いて防御他増強、カネフォ→デルタなど。

ボディの変更:
エレキ→ファイア
(ハニーコンボ<CSワイドという考えのため今回はエレキにしてます)

ナビカスでサポートプログラムの採用:
HPの部分をビート、タンゴに。見かけのHPが低くなるが。

【エグゼ6】 ヘビゲビートスラッシュα 【マスターズ】

2015/12/29に行われたYK杯の優勝構築。
αがあるということはβもあるよ。

以下詳細

【フォルダ】

B
スチールパニシュ 2
ブラストマンSP

G
ノイズストーム
アンインストール
グランドマンSP

Q
カーネルフォース

U
ドリームオーラ

W
バリア200
ダブルビースト

X
グレイガ


マシンガン1
フウジンラケット
パネルスチール 2 REG
エリアスチール 5 TAG
フルカスタム TAG
インビジブル 3
カワリミ 3
キラーマン
ジャッジマン
エレメントマン

【ナビカス】

Fヘビゲビート2_1

スーパーアーマー
カスタム1
シールド
アンダーシャツ
バグストッパー
ビートサポート
アタック+1
HP+50
HP+400
HP+500

【改造カード】

スナーム
モモグラン
ジェリー
ナンバーズ
サテラ
モリキュー
カカジー
ナイトメア

80/80

【総ステータス】

HP:2020
アタック:5
ラピッド:5
チャージ:5
カスタム:7
メガ:6
ギガ:2
スーパ―アーマー
エアシューズ
アンダーシャツ
バスタークサムラ
B溜めドールサンダー
B+左でシールド
チップリカバリー(30)
ラッシュサポート
ビートサポート
バスター空打ち
ココロバグ
カスタムHPバグ
ステータスバグ
バグストッパー

【解説など】

特に言うべきことはない、ステガ無しのFヘビゲスラッシュ軸。
Fヘビゲがあればヘビーゲージをフォルダに入れなくてもよくね?って思うようになったのでヘビゲは無し。
ステガに関しては、最近は凍結バスターやバグデスがほぼいないため、切ってる。
後はそれ以外で欲しいアビリティをとにかく詰め込んだ。
サンク対策のバスタークサムラ、初手の様子見やクロスに頼りたくない場面で有効なCSドルサンとシールド、ココロバグ。
バスター空打ちはバスタークサムラとアンチシナジーに思えるが、スラッシュクロスの時にエリアを詰めれなくても、カワリミを解除できるか否かという点がすごく大きい。何よりノイズストームのバグ数確保のためでもある。
フロートシューズに関しては、困るときはごく一部だったりするので、入るなら入れたい程度の認識で。

改善点を挙げるとするなら、とにかく回りが悪いときが多いので、コードを減らす、カスタムを増やすなど。
また、シールドもそこまで有効に働く場面が少ないので外してもいいかもしれない。

【エグゼ6】 ヘビゲキラビスラ 【マスターズ】

2014/6/10執筆

今回はキラビスラ+ステータスガード+Fヘビーゲージです。
スタンダードなキラビスラに改良を加えたものです。
フォルダ紹介に行く前にFヘビーゲージのメリット、デメリットを挙げてみます。

メリット

・ビーストA溜めにヘビーゲージ2枚を弾にできる
→相手が逃げじゃないとき限定。レギュラーにする必要もなし。
ヘビーゲージが完全に腐ってると感じたらとっとと溜めてしまいましょう。

・逃げに若干強くなる
→Fヘビゲの最大の目的。逃げには弱いキラビスラがほとんどなので少しでも相手できるようにと。
それでも、勝てないときは多いですね。

・相手の防御を切らすことが可能
→ヘビーゲージをフォルダに入れることの理由は、CSを長い間打つということに尽きる。
ダメージソースの大半がスラッシュCSとキラビ等のビーストA溜めなので特にヘビゲは必要。
そのためのヘビーゲージを最初から突っ込んじゃおうというのが目的ですね。
ヘビゲ下であれば相手のインビジはターン内の早いうちにどうしても切れやすくなります。
そういった隙を多く作れるのも強さの一つ。

・強化するステータスがなかなかに強い
→Fヘビーゲージを持つ改造カードはジェリーかフットマン。どちらもHPを上げる量が多いので何かと便利。
ジェリーならほかにもチャージMAX、フットマンならアーマーがついたり。

デメリット

・逆に防御の切れ目をつけねらわれる
→1ターンが長いのはお互いさまで、結局こっちの防御が切れたりすることは多いです。
注意しないと忘れたころに2倍グランドSP食らってスラッシュ解除・・・なんてこともあり得ます。
これを利用してくるのが主にダークソードやキラビスラです。そのへんは頭に入れておきましょう。

・それでも、逃げはつらい
→こればっかしはどうしようもないです。自分のプレイングでどうにかしてください(丸投げ

大体こんなとこですかね。それじゃ、フォルダ内容に移ります。

改造カード

プラネットマン 40MB
ジェリー     13MB
トトポール    13MB
サテラ      8MB
ナイトメア     5MB

ナビカス

スーパーアーマー
カスタム1×2
アンダーシャツ
ラッシュサポート
フォルダパック1
バグストッパー
アタックMAX
HP+500

図↓
ヘビゲキラビスラ A

合計ステータス

スーパーアーマー
アンダーシャツ
エアシューズ
ステータスガード
Bクラックシュート
チップリカバリー
ファイアボディ
Fヘビーゲージ
ラッシュサポート
カスタムダメージ
ココロバグ
カスタムHPバグ
ステータスバグ

HP:1940
アタック5
ラピッド5
チャージ5
カスタム8
メガ7
ギガ1

フォルダ内容

B
スチールパニシュ 2
ブラストマンSP

G
ノイズストーム 2
ウッドドラゴン
アンインストール

T
トマホークマンSP
テングマンSP

W
ダブルビースト

X
グレイガ


フウジンラケット
パネルスチール
エリアスチール 5
ヘビーゲージ 2
インビジブル 3
カワリミ 3
キラーマン
エレメントマン

立ち回り、注意点など

ぶっちゃけ、普通のキラビスラとおんなじです。
注意するとこは防御が切れやすいとこぐらい。
とりあえず、最初はヘビーゲージを使わないことが重要。
逃げだとわかったら使う、ぐらいで。
そうでないならぶっぱする。
あとメガは7でぴったしですね。6だと足りない。
ギガは1枚だけでもいいと思ったのでフォルダパック採用しました。
これによりカスタムは8もあります。

フォルダ改善案

レギュラーは何でもいいと思う。
Tコードは強いから入れてるので、気に入らなかったら
ブルースSPとテングマンに差し替えてみてください。
あとは、ナビカス自体はアーマーとシャツ入ってて、なおかつカスタム7以上なら何でもいいと思います。
バグシュウセイと組み合わせたりするのもいいと思います。

今回は以上です。何かありましたらコメントどうぞ。

【エグゼ6】 サーチバグデス 【マスターズ】

2013/11/15執筆

改造カード

ナイトメア 5
ナンバーズ 17
トトポール 13
サーチマン 37
サテラ 8

5+17+13+37+8=80

ナビカス
スーパーアーマー
カスタム+1 ×2
シールド
ビートサポート
アンダーシャツ
バグストッパー
チャージMAX
HP+400 ×2

searchbugdeath

総ステータス

HP:1911
スーパーアーマー
エアシューズ
シールド
ビートサポート
アンダーシャツ
チップリカバリー
ファイアボディ
カスタム+3
メガ+2
ギガ+1
ラピッド+4
チャージ+4
CSサークルガン
カスタムダメージバグ
カスタムHPバグ
ココロバグ
ステータスバグ

フォルダ

B
スチールパニッシュ ×2
ブラストマンSP
ブルースSP

G
ウッドドラゴン
アンインストール
グランドマンSP

N
メテオナックル

U
ドリームオーラ

V
バグデスサンダー

W
バリア200
ダブルビースト


フウジンラケット
パネルスチール ×3
エリアスチール ×3
インビジブル ×3
カワリミ ×3
ヘビーゲージ ×2 REG
キラーマン
テングマン
ジャッジマン

一時使ってたやつ。
そこそこ安定して強かった。
基本クロスせずCSサークルガンで攻める。サークルガン当たらないと判断したらすぐバグデスに切り替え。
来てないならなんかクロス。
あとはふつーにバグデス打つ。
サークルガンに依存し過ぎないことが重要。ココロバグはあくまでオマケ程度に考えないとチップ打つ前に負けます。
ナックルとファルザーを変えてもいいかもしれない。
あと、バグデスをビートに喰われないように。洒落になりません。
スチール系をつかうのはバグデス使ってからのほうがいいと思う。
それまではパニッシュとかで我慢して控えたほうが後半攻めてて楽しい。
カスタムが8なのでチップの使いすぎに注意。決め手に欠けることも。
チップを一つずつ当てることを心掛けよう。