【エグゼ4】横国エグゼオフ使用構築

遅くなりましたが、横国エグゼオフお疲れ様でした。
当日は運営だったのかもしれないようなことばっかりやってて交流のほうが少し物足りなかったのが心残りです。
それ以外は思う存分フルに楽しみました。

とりあえずそれは置いておいて、まずは4の構築詳細を。

【エグゼ4】

—フォルダ—

A
ポイズンアヌビス

J
ジェラシー REG
ジャンクマンSP

S
サーチマンSP
シグナルレッド

T
スチールゼリー 3
ナビスカウト 2
ナンバーボール3 4


ティンパニー 2
エリアスチール 3
スーパーキタカゼ 2
ダークホール
インビジブル 4
バッドメディスン
メタルギア3 2
ダークライン

—ナビカス—

1031_exeoff_4.png

カスタム2
シールド
ビートサポート
HP+500
ラピッドMAX

—ステータス—

HP:1499
アタック:1
ラピッド:5
チャージ:1
カスタム:7
メガフォルダ:5
ギガフォルダ:1

シールド
ビートサポート

—————

やはりほぼ前回と同じ青善。おおまかな構成では変わったところが特にない。
あえて付け加えるなら、メタルギアとラピッドMAXか。
これは、第3のソウルユニゾンとしてメタルソウルになるためのチップであり、ナンバーボールを当てやすくするための誘導。
そもそもの話だが、もう一つソウルユニゾンを採用しようと思ったのは善ロックマンで一番の障壁となる”不安”を防ぐため。3つのソウルがあれば基本的に不安状態になることはない。
なぜメタルソウルを採用したかという理由だがそれはブレイクバスターにある。
ブレイクバスター、これはティンパニーと併用することでナンバーボールが(カットインされなければ)確実にヒットさせられると考えたため。バスターにブレイク性能がつくということは、置物がたった1発で破壊できるという利点もある。これまでの経験上、ジャンクソウル終了後にファラオを置く人は多かったためそれに対しても有効だと感じた。バスターの威力ではなくいかに数打てるかに重きを置いているためナビカスにはラピッドMAXを採用している。

この構築は前回悪、善両方に負けている。そのためナビスカウトかメディスンを増やそうかと考えた。かといって悪に有効なメディスンを多めに採用すると善相手の時にほとんどの場合腐る。逆にナビスカウトを多めに採用すると悪が相手の時はナビスカウトはうまくはまりにくい。せいぜい相手のナビスカウトを無効にするぐらいの効力しかない。
そこで両者にそこそこ有効なインビジブルのフル投入を考えた。それぞれの罠チップほどの効力はないが、インビジブルなら腐ることはまずない。

この構築をそのままに変えるとしたら、メタルギア3×2とインビジブル×1をウッディパウダー×3にするなど。何を加えてもいいとは思うが、変えるのはこの3枚までが望ましいのではないか。(ほんとはキタカゼ1枚にしたいけどバリアフル投入に勝てなくなる)

構築の総評としては、一定の勝ち数を確保できる。しかし、ナンバーボールやサーチマンSPを外すと、判定で負けかねなくなるのでできる限り確実に当てていきたい。
成績は確か総当たりで3位か4位だったと思う。負けたのは2回だった。内訳が恐らく勝てない構築(青善ガンメタといってもいいぐらい)とサーチマンSP、ナンバーボールはずしだったので決勝には上がれていたのではないだろうか。プレイングスキルの甘さが悔やまれる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)