【エグゼ6】 スラッシュのカードとナビカス簡易まとめ 【マスターズ】

今までに作った、(私が知ってる範囲で)他人が使用していた中で実用性があるであろうマスタスラッシュ構成のまとめ。
要望はバグストの位置以外なら受け付ける予定です。

【ステガありのスタンダートなやつ】

・改造カード

プラネットマン 40
ナンバーズ 17
カカジー 14
サテラ 8

79/80

・ナビカス

[バグストあり2000]

2000

[バグストなし2500]

2500

一時期ほど凍結バスターも流行ってないので今この構成を見ることは中々に少ない。カカジーをトトポールにしている場合もある。

【Fヘビゲつきステガ有り】

・改造カード

プラネットマン 40
ジェリー 13
カカジー 14
サテラ 8
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス

Fヘビゲステガ

ナンバーズを切り、ゲージを最初から有利な方向へ持っていく構成。
メガギガの不足による火力の確保が難しいためこちらも最近あまり使われない。


【Fヘビゲと3種のサポート】

・改造カード

ナンバーズ 17
スナーム 11
ジェリー 13
ウォーラ 12
サテラ 8
カカジー 14
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス
Fヘビゲフルサポ

一例として、カスタム7、ラッシュビートタンゴの3種が入った構成。
カスタム8にするならHP-100、ビートを抜いたり。(この場合は初手のスラッシュは厳禁)

Fヘビゲカス8

【Fヘビゲとバスタークサムラ】

・改造カード

ナンバーズ 17
ジェリー 13
サテラ 8
ニドキャスター 10
ウドノート 13
カカジー 14
ナイトメア 5

80/80

・ナビカス

[バグストなしカス7HP2630]

Fヘビゲラッシュ

[バグストなしカス8HP2330]

Fヘビゲラッシュカス8

[バグストありカス7ビートHP2130]

Fヘビゲクサムラビート2130

ココロバグとバスタークサムラの両立をするならこんな感じ。バグストありで考えるとHPが大幅に減る代わりにビートが入る。
モリキューではなくウドノートである理由はモリキューだと改造カードの容量が微妙に余る点、その余った容量に入れるものもない点、ダメージバグ修正によってバグストなしでもHPバグが致命的にならない点などがあげられる。カスタムを増やすと当然ながらHPが減る。

【サーチシャッフル入り】

・改造カード

ナンバーズ 17
トトポール 13
ナイトメア 5
サテラ 8
サーチマン 37

80/80

・ナビカス

サーチシャッフル

通称サーチスラッシュ。早期にアンイン他キーとなるチップを引き当て速攻で相手を倒しに行く構成。
サーチシャッフルの仕様上、1ターン目にギガを打つことも可能。
この例ではカス8でビートラッシュ入れているためHPがかなり低い。シュウセイ入りにしてHP盛るのもあり。

【チップ破壊スラッシュ】

・改造カード

スワローマン 36
ナンバーズ 17
トトポール 13
ウォーラ 12

78/80

・ナビカス

チップ破壊

横国オフの時にオフィシャルの方が使ってた構成。オリジナルはラッシュがなく、HPが50多かったはず。
早期にアンインを引きに行くのが狙いなのか、カス8になってる。
改造カードのスワローマンは、バグストを入れることなくビートが入り、ダメージバグHPバグをダメージ混乱で上書きできるのもあって効率的である。

マスターズにおいては、特にステガ無しの場合、ナビカスとカードの組み替えで色々な組み合わせが出来る。
実用性をそこそこに、いろいろ考える楽しみがあるのがマスターズにおけるスラッシュの奥深さだと思ってます。
(スラッシュに限った話ではないけれど、スラッシュの場合特にそれがあると思ってる)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)